相手に少し”期待”をさせること♡

もしかしたら深い仲になれるかも、的な・・・
相手にほんの少しの”期待”を持たせてあげることが大切だと思います。

もちろんお客さんだって、「そんなの無理だろう」ってわかっている部分もあると思うんですよ。
だけども下心があるから来るんです。来てくれるんです。

本気で夢見ているわけではなく、あわよくば、的な期待なんですけどね。
お金持ちのお客さんほど、そういうのを楽しんでいる気がします。

少しだけつれなくしてみたり、逆にすごく甘い声で甘えてみたり。
恋愛のかけひきにも似ているかもしれません。

”もしかしたら・・・”と相手に思わせることが大事です。

枕営業はNG

男の人は、どこか「追いかける」のが好きな生き物だと思います。
枕営業も・・・最初は確かにいいかもしれないけれど、相手がそこで満足してしまったら終わりなんです。

その先、もしかしたら愛人にはなれるかもしれませんが、お客さんにはなってくれないでしょう。
ずっと来てもらうためにはやっぱり「ゲット済み!」なんて思われるようではいけません。

特別感を出すこと

○○さんだけ、とか、こんなの初めて・・・とか、特別扱いを感じさせるような言葉に男の人は弱いです。
そういう甘い言葉をここぞという時に散りばめましょう。
小さな声で顔を近づける、そういう仕草でも男の人は喜んでくれます。かわいいものです。

あと、約束とかお願いをするのもいいですね。男の人は基本頼られるのが好きです。

毎度毎度そんな感じではダメですが、たまにお願いをして・・・なにかをしてもらったら、うれしい!と少し大げさなまでに喜びつつ褒める。

私が心がけていたのは、「こういうこと言われたらうれしいだろうな」と思うことを、ズバリそのまま言うんです。とにかく相手の気持ちになるように心がけていました。

そのためにはお客さんのことをよく見て観察しないといけません。

見た目もやっぱり大事

髪の毛を巻いたり、化粧をきちんとしたり。「手をかけてますよ」感は出したほうが絶対いいです。

急に呼ばれた日に、髪の毛をストレートのままの状態で出勤したんですけど、「今日は巻いてないんだ?」と明らかにお客さん、テンションが落ちていました。

その時話したんですけど、やっぱり見た目が華やかなほうが客としてはうれしいと。
お店に来てる!って実感できるんだ、って言っていました。

手抜き感が出るとダメみたいです。
他の女の子(人気の嬢)から手抜き感が出ていた時期も、やっぱりお客さんの数が減りました。

整形しろ、とかそんなんじゃないんです。
きれいになるように頑張ってるよ、という見た目への気合いが出ていないとダメなんです。
常に一番きれいな状態を保てるように頑張りましょう。