アピールは最大、ウィークポイントは最小に

まず、基本は身長でなくスリーサイズに合わせてドレスのサイズを決めましょう。

ドレスの丈は多少短かったり長くても調整できますが、スリーサイズに合っていないドレスを着てしまうと自分のアピールポイントを消して、逆にウィークポイントが目立ってしまうこともあります。
胸が大きい方はもちろん胸が小さい方も、自分のサイズにぴったり合ったドレスを着て、身体のラインが綺麗に出るようにした方がアピールになります。

身体のラインが綺麗に出るサイズを選んだ上で、オフショルダーやホルターネック、ぺプラム、ロングドレスなどアピールポイントを最大に生かせるドレスを決めましょう。

シルエットを確認しよう

ドレスを選ぶ際にシルエットを重視することは大切です。
スレンダーで体型に自信がある人は身体のラインに沿ったドレスを堂々と着こなしてもOKですが夜のお仕事をしていると気になるのがお腹周りです。

お腹が出ている女性には正直魅力を感じません。
カバーするドレスの選び方はAラインの形を選ぶことです。

Aラインはシンプルなデザインが多いと思われがちですがぺプラムワンピなどデザインを工夫したものもあります。
男性は女性の体型をチェックしています。
誤魔化すドレスを纏うことも必要だと思います。

いやらしくなく綺麗に見えるように

自身の身体に合うサイズを選んでいるのは当然だと思いますが、できれば“上半身は少し盛るくらい”で“下半身は無理しない”が良いと思います。

やはり基本は座ってお相手をするので胸元は見られています。自信がないようならパッドを入れてでも少し大きく見せる方が喜ばれると思います。
逆に下半身は座るとお腹周りにシワが寄ったりするので、見苦しくないように少し余裕をもって選ぶ方が良いです。

しかしながらお出迎えの際やお席に着くまでは立ち姿も見られますから、あまりに丈が短いと下品に見えたりするので要注意。
座った際の丈を考慮して選ぶと良いでしょう。