無理やりすすめられることはない、けど飲めたほうがいいのは間違いない

基本的に、無理にお酒をすすめられる・・・ってことはほとんどないと思います。

「飲み過ぎて倒れないように!」っていう感じで言われたりもしますし。 私の場合、飲めるほうなので、「どんどん来ーい」的な感じで飲んでいましたが、 飲めない子がいる場合は周りがカバーするというか。 「あたしが飲みマース!」みたいな感じに、飲める子がいっぱい飲んで、 その場を盛り上げてごまかす、という雰囲気でした。

しかし、長く勤めたいのであれば、飲めるほうが有利なのは間違いないと思います。 やっぱり話が弾むんですよね。そのほうが。 飲めない、と言ってしまうと一瞬その場がしらけてしまう場合も・・・残念ですがありますし。

なので、アレルギーとか身体が絶対に受け付けない場合を除いて、 少しずつ飲めるようになるように努力するのは、いいことだと思います。

あと、自分の限界も知っておいたほうが絶対いいです。そして限界を絶対に超えないこと! 周りに迷惑をかけてはいけません。

なんとなく飲んでる風に見せかける方法

基本的にお店って薄暗いですから・・・ その点を利用すれば、大してお酒を飲んでいなくても、飲んでる風に見せかけられなくもありません。

具体的に飲んでる風を装う方法について書いてみたいと思います。

  • 水割りとかの場合は、薄めに作ってもらうようにあらかじめ周りの子(お酒を作ってくれる方)にお願いしておく。
  • ちびちび口をつけるようにして、グラスの中身を減らしすぎない。(減らすと足す、のがお酒の世界のルールなので)
  • 少し飲んで、「酔っちゃったぁ・・・」と言いながらごまかす。(トロンとした上目遣いで見つめる)
  • 少し飲んで、「顔、赤くなってません?私、お酒好きなんですけど弱いんですよぉ」と甘えてみる。
  • 酔っている風のある程度高いテンションを保つ。

これらを駆使すれば、現実にはあんまり飲んでいなくてもバレることはないと思います。 結局は”その場の雰囲気”です。”お酒飲んでるよー”的なノリみたいなのが必要なだけなんです。

無理してはしゃぐ必要はありませんが、ある程度酔っ払った時のテンションと、 ほわんとした雰囲気(色気)・・・みたいなのは、周りをよく見て研究しておくといいかもしれません。 研究しておけば演技しやすいのは間違いないので。

飲めないなら他の方法で楽しませる!

でもやっぱりどうしても飲めないし・・・という方は、他の点を磨くしかありません。 まずは「しゃべり」ですね。あとカラオケがあるお店だったら「歌」など。

結局はお客さんを楽しませればいいんです。どんな方法でも。(ルール違反はNG。) 自分に出来る最大限の力で、お客さんを楽しませてあげてください。

「高いお金を払って私に会いに来てくれている」、そう考えればきっと頑張れるはずです。